トップページ> > 月1マンスリーニュース> 2015年10月のマンスリーニュース

2015年10月のマンスリーニュース

2015年10月22日更新
1510_03.jpg

北岳

作詞:志賀大介
作曲:望月吾郎
唄:
細川たかし

 南アルプスの絵葉書を三枚、1コーラスごとにめくっていく心地になる。細川たかしの歌声が、さえざえとそれを伝えるせいか。志賀大介の詞が、山と向き合う視線で人生を語り、望月吾郎の曲が、ツボを心得た仕事ぶりなら、編曲丸山雅仁もお得意の盛り上げ方だ。南アルプス世界自然遺産登録応援歌だそうだが、ちゃんと流行歌になっているのがいい。

1510_04.jpg

鵜の岬

作詞:東逸平
作曲:伊藤雪彦
唄:
森若里子

 鵜の岬は茨城の景勝地、鵜飼漁に使う海鵜はここで捕獲されるそうな。主人公の女心を、その鵜に託した詞は東逸平。こだわり過ぎの感がなくもないが、作曲の伊藤雪彦は老練の筆致でそれらしい演歌に仕立てた。ふっくらおっとり...の森若里子も、もう歌手歴34年。いきなり高音から出る曲に背を押されてか、いつになく歌に"迫る"気配が濃い。

1411_08.jpg

海鳥哀歌

作詞:かず翼
作曲:新井利昌
唄:
花咲ゆき美

 男には、女の愛が届かない、涙の価値が分からない...と絶望的になりながら、それでも「あなただけしか愛せない」と訴える詞はかず翼。曲のつけ方ではどうなることかと心配になるタイプを、新井利昌の曲がうまいこと甘美に仕立てた。8行詞の歌の決めどころは、5行目から6行目にかけての高音部。花咲ゆき美はそこを、艶のある声味で生かして、力量を示した。

1510_06.jpg

北国挽歌

作詞:市川武志
作曲:村沢良介
唄:
木原たけし

 重めに粘っこい口調、ネアカで活力のある声、歌い伸ばしは心地よさそうなビブラートと、木原たけしは生来、独特の魅力を持つ。岩手に住み、活動範囲を東北に限定することも、存在感を際立たせる。どんなタイプも歌いこなす巧者をデパート型とすれば、こちらは野趣たっぷりの専門店。それを生かすのは手練者・村沢良介の曲づくりか!