トップページ> > 月1マンスリーニュース> 2015年8月のマンスリーニュース

2015年8月のマンスリーニュース

2015年09月14日更新

時に、編曲者の美学に耳を傾けよう

 企画の意図を理解、作曲者の思いも汲んで、作品を飾り、特色を鮮明にするのが編曲者の仕事。例えば、前田俊明は『夕陽燦燦』で情が優しげ、若草恵は『麗人草』をドラマチックに仕立て、矢野立美の『夜桜哀歌』はスリリング。『七尾しぐれ』の蔦将包はメロディアスに艶っぽく『港しぐれ』の丸山雅仁はオーソドックス。『冬の月』と『アドロ...』の伊戸のりおは何でも来いの多才、『どうせ捨て猫』の川村栄二は歌声を生かす隙間づくりの名手。それぞれが独自の美学を示して頼もしい。

1508_03.jpg

夜桜哀歌

作詞:田久保真見
作曲:浜圭介
唄:
山本譲二

 山本譲二の歌は、頭から巻き舌。道理に合わぬ憂き世を、はすっかいに生きる男の侠気を歌うせいだ。田久保真見の詞8行の、6行分を語らせておいて、最後を啖呵みたいな2行で決めにかかる曲は浜圭介。聴く側の僕はふんふん...と待たされ、おしまいでそうかい!と合点する。3番の歌い納め「夢は男のかがり火よ」は、少々甘くないかねェ?田久保さん。

1508_04.jpg

麗人草(れいじんそう)

作詞:三浦康照
作曲:小野彩
唄:
藤 あや子

 主人公の女は、道端で咲く花に自分をなぞらえる。命まであげたつもりの男から、どうやらおいてけ堀だ。そんな女のたたずまいを、感情移入薄めに、藤あや子がすっきりと絵にする。本音っぽく生な歌い方になるのは、歌い納め2行という趣向だ。作曲も小野彩の筆名で本人。曲を書きながらこの人は、主人公と歌う自分とをどう見較べているのだろう?

1508_05.jpg

冬の月

作詞:仁井谷俊也
作曲:弦哲也
唄:
川野夏美

 女が男に「こころを決めてください」と詰め寄る歌。そこがミソだが、それではその表現を、哀訴にするのか、凄みにするのか?
この人に凄みは無理だろうから、作曲の弦哲也は優しさに仕立てた。前2作でドラマチックな物語性を体得した歌手。こちらはそんな期待が先に立ったが、仁井谷俊也の詞は一人称で言い募るばかり。もうひとつ仕掛けが欲しかったなぁ。

1508_06.jpg

港しぐれ

作詞:麻こよみ
作曲:岡千秋
唄:
井上由美子

 高めの音域を中心に、井上由美子の歌はシンプルだ。技を使わず策を弄することもなく、女心をひたひたと歌う。麻こよみの詞はおなじみの港町未練もの。岡千秋の曲に導かれて、歌に陰影が出来たのは、歌い納め前「夜が」を3回くり返すあたりか。カラオケ・ファン用の教科書ふうにきちんとした仕上がりだが、欲を言えば女心をゆさぶる味つけが欲しいな。