トップページ> > 月1マンスリーニュース> 2015年9月のマンスリーニュース

2015年9月のマンスリーニュース

2015年10月07日更新

「定石だらけ」はあんまりだろう!

 演歌の女主人公はおおむね孤独で、捨てられぬ未練を抱えている。そんなキャラを船に乗せるのか、坂をのぼらせるのか、酒を飲ませるのか、歌書きたちは長いことあの手この手の設定を考えて来たが、それもどうやら行き詰まり。主人公が傷心のままでは救いがないから、歌詞に必ず出て来るのが「明日」で、一縷の希みを託す。三番をこれで収めるケースが多く、今月も8曲の半分に出て来た。演歌に斬新さばかりを求める気はないが「定石だらけ」はいかがなものだろう?

1509_03.jpg

しのぶ坂

作詞:坂口照幸
作曲:徳久広司
唄:
小桜舞子

 小桜舞子の歌は、高音部の迫り方に「切なさ」や「いじらしさ」の色が濃くなるのが特徴。坂口照幸の6行詞の真ん中2行に、徳久広司がサビのメロディーを高音でつけて、これでもか!これでもか!だ。難癖をつける気はないが「人の心は見えないけれど、心遣いはよく見える」というフレーズ、結局は人の心も見えてるんじゃないかい?坂口君。

1509_05.jpg

祖谷のかずら橋

作詞:仁井谷俊也
作曲:宮下健治
唄:
佐々木新一

 南郷達也編曲のイントロから、僕は春日八郎の『山の吊り橋』を思い出した。あれは確か横井弘の作詞、吉田矢健治の作曲。そう言えば亡くなった横井を送る会が、9月18日にある。山あいの田園風景に、父親を立たせた今作は仁井谷俊也の詞、宮下健治の曲。昔、三橋美智也二世と騒がれた佐々木新一が、のびのびと難なく歌っている。

1509_06.jpg

威風堂々

作詞:新本創子
作曲:聖川湧
唄:
秋岡秀治

 聖川湧の一風かわったメロディー、丸山雅仁の編曲がトランペットを使って威勢がいい。タイトルからみんなが"その気"になったのだろうが、秋岡秀治の歌も精いっぱいの頑張り方。各コーラス最後の歌い伸ばしなどシャープ気味になるくらいだ。それにしても新本創子の詞、主人公の日常を語るエピソードが、さほど元気でもない気がした。

1509_07.jpg

越前恋おんな

作詞:久仁京介
作曲:西つよし
唄:
竹村こずえ

 竹村こずえは生来、そんな気性の持ち主なのか、歌声の芯の強さが、この人の歌を男唄に似た味わいにする。それをガッツリいこうと考えたのか、久仁京介の詞は長めで2ハーフ。西つよしの曲も、勢いを持って粘り、それなりの成果を挙げている。気になったのは二番の「恋のありよでしょ」で、歌詞カードでは「ありよう」にしたいね。