トップページ> > 月1マンスリーニュース> 2017年8月のマンスリーニュース

2017年8月のマンスリーニュース

2017年09月27日更新

こんな時代ゆえの抒情派か?

 演歌よりは歌謡曲へ、流行歌の流れが変わって大分たつが、その歌謡曲が抒情歌へ舵を切り始めているようだ。今回、編集部から届いたのが6曲と数が少なめ、それだけで流行歌全体の変化を推し計るのは少々乱暴だろうが、6曲の共通点がなぜか抒情的に甘美で、昭和テイストの匂いも強い。
 そうなれば、腕比べになるのはアレンジャーたち。大病から復帰した前田俊明と南郷達也が2曲ずつ、宮崎慎二もそれなりの音作りで参戦している。

1708_01.jpg

新庄恋しや

作詞:麻こよみ
作曲:水森英夫
唄:
水田竜子

 望郷ソングの舞台を、新庄あたりに限定した。麻こよみの詞は最上川や杢蔵山などを小道具に、ご当地ソングの味つけがオマケ。それにゆったりと、民謡調のメロディーをつけたのは水森英夫。歌詞4行分で一段落、ひと呼吸おいて、こちらにも民謡の一節ふうがオマケ。情趣のダメ押しだろう。
 昭和30、40年代にかけて、よく歌われたタイプの作品。あのころ一斉に都会に出た若者が、地方との分断の失意を歌ったが、平成ももはや晩年、心は少しは豊かなのか、主人公の感慨には、さほどの切実感はない。
 だから、水田竜子の声味が生きた。芯が明るめの声に哀愁少々、のびのびと素直な歌唱で、抒情性を加えている。

1708_02.jpg

望郷縁歌

作詞:星つかさ
作曲:星つかさ
唄:
和田青児

 こな雪冷たい 別れの駅で...の、歌い出し歌詞1行分で「ぬ!」と、心ひかれた。中音から出る歌唱が、息まじりの声で真っすぐに切迫感を持つ。伝えたい思いのほどが、しっかりと歌の芯にあるのだ。
 和田青児の歌唱はその先4行分、語り口を維持して昂り揺れて、破綻がない。泣く訳でもなく恨む訳でもなく、適度の男の悔恨が、応分の説得力を持った。
 星つかさ名の作詞、作曲は本人とか。よく出来た、昭和テイストの望郷歌。彼はこの路線を歌いたかったのだなと、合点がいく。生まれも育ちも、そんな演歌の中の人。器用だから、いろんなタイプの作品を歌って来たが、ここで1曲己れの集大成が出来たか!とご同慶のほめ言葉を一言―。

1708_03.jpg

人生夢将棋

作詞:仁井谷俊也
作曲:岡千秋
唄:
細川たかし

 もともと大音声で、声の力を誇り、節の巧みさを身上とする人。それが今回は仁井谷俊也の詞、岡千秋の曲に身をゆだねた。将棋が題材の男の生きざまソング。勇ましい文言の詞をすっきり歌って、声を張り気味なのはサビの1行分くらい。そのせいか作品の言い分!?が前面に出て、美声もちゃんと生きているから面白い。

1708_04.jpg

赤い涙

作詞:門谷憲二
作曲:杉本眞人
唄:
キム・ヨンジャ

 死にたくて 死ねなくて 血のような涙を流す...という女性の、こがれ愛の歌。門谷憲二の詞のかなり刺激的な表現を、杉本眞人が快いノリの曲にした。キム・ヨンジャの歌唱はひたひたと、一途に情感中心。日本へ来た当初、演歌を"わさび味"に仕立てるために大いに苦労したが、それと彼女本来の"キムチ味"が、いい案配に混然一体になった。

1708_05.jpg

ホタルの恋

作詞:田久保真見
作曲:弦哲也
唄:
真木柚布子

 近ごろ真木柚布子は、歌とセリフの一人芝居に熱中していると聞く。もともと演劇畑から歌に入った人だから、そんな地力を生かしたいのだろう。今作は田久保真見のやや醒め加減の詞に、弦哲也の情の細やかめの曲だからここでも"その気"になった気配。あたたかい声と息づかいを中、低音で生かす言葉のさわり方が、この人流で独特だ。

1708_06.jpg

命の花よ

作詞:小野彩
作曲:原譲二
唄:
藤あや子

 作詞小野彩(藤あや子)と作曲原譲二(北島三郎)の初顔合わせとか。原がお得意の北島節を避け、藤の魅力と歌詞の内容に寄り添っている。藤の味が出るポイントは高音の切なさ。そう読み切った原が、随所にその音を使っている。藤の30周年と明治座公演のイメージソング。歌に芝居に似た間(ま)が生かされてもいる。

http://to-ryo.com/menu/photo/201206cre_m_s1.gif