トップページ>葉山通信> 7月、久しぶりの明治座!!

7月、久しぶりの明治座!!

2018年6月10日更新



 おなじみ川中美幸特別公演で、5日初日22日千秋楽。お芝居は「深川浪花物語~浪花女の江戸前奮闘記~」(2幕)で、川中が恩師もず唱平の作詞生活50周年を記念した同名のヒット曲を池田政之の作、演出で劇化した。タイトルからの連想をはるかに越えるストーリー。川中が上京するが嫁入りするはずの紡績会社は夜逃げ、拾われた料亭は若旦那が株に手を出して潰れ、小料理屋を出すが今度は板長がバクチですって失跡する。そんな騒動にもナツメロ歌いながら明るく耐えて料亭再建にこぎつけるが、時代背景は昭和30年代後半、東京オリンピックを控えての物情騒然、建築ラッシュ。僕は料亭跡地の買い取りをたくらむ大手不動産会社社長役を貰った。ご一緒するのは田村亮、曾我廼家寛太郎、おりも政夫、富田恵子、遠藤真理子、山本まなぶらに、あちこちでお仲間の倉田みゆき、穐吉次代、小早川真由、上村剛史、瀬田よしひと、安奈ゆかりらも出る。

 第二部の「川中美幸オンステージ 人・うた・心」は福家菊雄の構成演出。僕はこちらでも競馬狂のおっちゃん、ノー天気な豆腐屋などでチョロチョロするからお楽しみに!

 

img030_s.jpg
img031_s.jpg