トップページ>葉山通信

葉山通信

2017年7月 2日更新


夏だ!ナキムシ楽団公演だ!

 7月、おなじみの路地裏ナキムシ楽団公演「あの夏のうた」に参加する。21日から23日まで、中目黒キンケロ・シアターだが、上演1カ月前には4回分のチケットが完売する人気で、急きょ追加公演が23日午前11時開演分1回が決定した。  舞台下手に6人編成のバンドが板・・・

緊張!「役者10年め」

 今春の芝居の第二弾は芸能生活40周年記念の「川中美幸特別公演」(大阪新歌舞伎座)で演目は「めおと喧嘩ラプソディー」(川口松太郎作「大阪善人」より、潤色・演出 金子良次)大衆演劇の松井誠が特別出演、三林京子、曾我廼家寛太郎、江口直彌、竹内春樹、長谷川かずき、・・・

何と! 大久保彦左をやるヨ

久々のお知らせは新年前半の舞台活動について。まず第一弾が「門戸竜二奮闘公演」で痛快時代劇と銘打った「一心太助」(脚本・演出小島和馬)。大衆演劇のプリンスの門戸が一心太助なら、小西の役どころは、ま、年かっこうから言っても間違いなく大久保彦左衛門となる。ご一緒す・・・

けやきホールでトークショー

「流行歌評判屋」と「役者」の2足のわらじ暮らしも早や10年め。歌社会の仕事もちゃんと"やる気"、8月20日(土)は代々木上原の「けやきホール」で「歌い継ぎたい歌がある~流行歌を創った人々」シリーズの5回目「市川昭介編」のトークショーをやる。没後10年を迎える・・・

7月に、何と芝居を2本やる!

この夏は何と、たて続けに2つの舞台に出演する。恒例の「東宝現代劇75人の会」公演と、今度が2回目のご縁の「路地裏ナキムシ楽団」公演。双方7月中のことだから、梅雨なんぞそこ退け!のけいこに汗だくになっている。   ★東宝現代劇75人の会第30回公演「・・・

念願の地方公演に出るヨ

 2月は大衆演劇の門戸竜二一座に加わって、地方巡演に出る。芝居が山本周五郎原作「泥棒と若殿」より脚本・演出小島和馬の「人情 めし炊き物語」で、僕は若殿づきのまかない親爺与八と藩重役の二役をもらった。第一場で町人、第六場で武士になる勘定だ。主演の若殿は門戸竜二・・・

平成28年元日は大阪で!

   27年の年越しと28年の元日は大阪で過ごす。1月2日初日の新歌舞伎座「川中美幸新春公演」に参加のため、暮れの28日に大阪入り、けいこをやって越年の酒は他郷でという段取りだ。僕が出して貰うのは「初春初唄初笑い・浪花でござる」の・・・

傘寿・総大将沢竜二すこぶる元気!

 恒例の「沢竜の全国座長大会」は11月27日の昼夜、浅草公会堂で。芝居が「日本遊侠伝・会津の小鉄」で、第2部がおなじみのショー「唄って踊って90分!」当日前後のあらましはコラム「新歩道橋」933回にくわしい。いつものことながら、優しく声をかけ、叱咤激励してく・・・

秋の芝居のお知らせ

 めっきり秋らしくなって来て、秋と言えば芝居のお知らせ。田村武也が主宰する路地裏ナキムシ楽団の第6回公演「指切りげんまん」に出演する。10月16日(金)が午後7時から、17日(土)が午後2時からと7時からの2回、18日(日)が午後2時からの計4回で、場所は西・・・

俺、役者で大繁盛の新年 2月に「歌麿」4月「居酒屋お夏」

2015年は早くも2つの劇場公演からお誘いがあった。その1は劇団若獅子プロデュース公演「歌麿~夢まぼろし」(笠原章・作、演出、主演)で2月5日から8日まで4日間6公演、場所は中目黒キンケロ・シアター。お話は寛政5年の江戸。吉原の遊女・多賀袖の背に刺青を彫るシー・・・
1