トップページ>葉山通信

葉山通信

2018年7月16日更新


僕は浮浪者か?神様か?

おなじみ路地裏ナキムシ楽団今年の公演は8月31日から9月2日まで、中目黒キンケロ・シアター。座長で作・演出家で作曲家で歌手・・・と、オールマイティーの男たむらかかしが意表を衝く作品を用意した。「雨の日のともだち~死神さんはロンリナイ!~」だ。「第9泣き」と表・・・

7月、久しぶりの明治座!!

 おなじみ川中美幸特別公演で、5日初日22日千秋楽。お芝居は「深川浪花物語~浪花女の江戸前奮闘記~」(2幕)で、川中が恩師もず唱平の作詞生活50周年を記念した同名のヒット曲を池田政之の作、演出で劇化した。タイトルからの連想をはるかに越えるストーリー。川中が上・・・

毎月芝居だ。4月は地方へ。

 3月末、大阪新歌舞伎座から戻ってすぐ、今度は大衆演劇の門戸竜二奮闘公演「忠臣蔵外伝」のけいこに入る。門戸公演は一昨年、昨年に続いて三回めの出演だから、もはやレギュラー。芝居では座長と座員の関係だが、歌手門戸となると「デラシネ~根なし草」(テイチク)を僕がプ・・・

念願のコメディー、エンタツ風で。

2月の東宝現代劇75人の会公演「私ん家の先に永代」(深川江戸資料館小劇場)に続いて3月は大阪・新歌舞伎座の川中美幸特別公演に出演。2月の芝居が終わるとすぐ大阪公演のけいこだ。第一部の芝居が「七変化!美幸一座・母娘愛情物語」で、三宅恵介原案、高橋秀樹脚本、金子・・・

おなじみ深川シリーズ第5弾!

東宝現代劇75人の会第31回公演「私ん家の先に永代」は横澤祐一作、演出の深川シリーズ5作目。上演は2月8日13:30、9日13:00、10日13:00、17:30、11日13:00、17:30、12日13:00の計7回。場所は半蔵門線、大江戸線清澄白河駅A3出・・・

夏だ!ナキムシ楽団公演だ!

 7月、おなじみの路地裏ナキムシ楽団公演「あの夏のうた」に参加する。21日から23日まで、中目黒キンケロ・シアターだが、上演1カ月前には4回分のチケットが完売する人気で、急きょ追加公演が23日午前11時開演分1回が決定した。  舞台下手に6人編成のバンドが板・・・

緊張!「役者10年め」

 今春の芝居の第二弾は芸能生活40周年記念の「川中美幸特別公演」(大阪新歌舞伎座)で演目は「めおと喧嘩ラプソディー」(川口松太郎作「大阪善人」より、潤色・演出 金子良次)大衆演劇の松井誠が特別出演、三林京子、曾我廼家寛太郎、江口直彌、竹内春樹、長谷川かずき、・・・

何と! 大久保彦左をやるヨ

久々のお知らせは新年前半の舞台活動について。まず第一弾が「門戸竜二奮闘公演」で痛快時代劇と銘打った「一心太助」(脚本・演出小島和馬)。大衆演劇のプリンスの門戸が一心太助なら、小西の役どころは、ま、年かっこうから言っても間違いなく大久保彦左衛門となる。ご一緒す・・・

けやきホールでトークショー

「流行歌評判屋」と「役者」の2足のわらじ暮らしも早や10年め。歌社会の仕事もちゃんと"やる気"、8月20日(土)は代々木上原の「けやきホール」で「歌い継ぎたい歌がある~流行歌を創った人々」シリーズの5回目「市川昭介編」のトークショーをやる。没後10年を迎える・・・

7月に、何と芝居を2本やる!

この夏は何と、たて続けに2つの舞台に出演する。恒例の「東宝現代劇75人の会」公演と、今度が2回目のご縁の「路地裏ナキムシ楽団」公演。双方7月中のことだから、梅雨なんぞそこ退け!のけいこに汗だくになっている。   ★東宝現代劇75人の会第30回公演「・・・
1