酔々独歩~歌謡曲だよ人生は~

新歩道橋1131回

2022年8月7日

 笑うだろうなと思ったが、やっぱり笑っちまった。吉幾三の「と・も・子…」という歌。最初から長めの台詞が、いかにもいかにも…のお話なのだ。 「買いものに行って来ま~す」と出かけたとも子は、そのまま帰って来ない。おいてけぼりをくった主人公は、彼女のパンティに頬ずりしたり、かぶって歩いたり…。・・・

続きを読む>>

こんな平和でも 大事にしようヨ

2022年7月31日

殻を打ち破れ245回  ≪素人の歌巧者というのも度し難いもんだ。カメラ目線、挑む色でまっすぐに眼を据えて来るじゃないか…≫  スクリーンにクローズアップされた女性から目を落として、僕は審査表に点数を走り書きする。最高点から「2」点減らした数字。後からもっと凄い人が出て来た場合の予備だが、・・・

続きを読む>>

新歩道橋1130回

2022年7月24日

 明らかに〝米寿の歩み〟だった。今年のパリ祭2日めの7月7日、渋谷オーチャードホールのステージへ、舞台下手から菅原洋一が登場する。客席から温かめのくすくす笑いも起こった、歩幅狭めのおじさん歩きである。無理もない。昭和8年8月生まれだから88才、それがひとたび歌となれば音吐朗々の「マイ・ウ・・・

続きを読む>>

新歩道橋1129回

2022年7月7日

 観客に「え~ッ」とか「わあ~」とか「マジか!」とか思わせたい。そう驚かせたいのが作・演出の堤泰之の意図だとすれば、氷川きよしは〝待ってました〟とばかりに共鳴、すっかり〝その気〟の舞台を展開しているようだ。彼の特別公演「ケイト・シモンの舞踏会~時間旅行でボンジュール~」だが、6月が東京・・・・

続きを読む>>