酔々独歩~歌謡曲だよ人生は~

田川寿美30年の歩みを観た

2022年1月5日

殻を打ち破れ238回  田川寿美が『ひばりの佐渡情話』をギターの弾き語りで歌う。それに“つれ弾き”の形でつき合ったゲストのギタリスト斉藤功が、 「古い知り合いだもんね。セーラー服でスタジオ入りしたころからだから…」 と笑顔で感慨を添えた。 「そうよね、そうだ、うん、ふっふっふっ…」 田川・・・

続きを読む>>

新歩道橋1117回

2021年12月18日

「これは俺たちコンビだからこそ生まれた曲だと思うけど…」 作詞した喜多條忠が言いつのる。秋元順子のシングル用レコーディングが済んだスタジオ。 「そうだよ。ここまでのもんはそうちょくちょく出来るもんじゃねえよ」 作曲した杉本眞人も口をとがらせている。楽曲は「なぎさ橋から」で、今年3月25日・・・

続きを読む>>

新歩道橋1116回

2021年12月4日

 曲名かな? と思ったら、店名だった。「晴れたら空に豆まいて」と来た。ライブハウスだろうと思ったら表記はレストランとある。代官山の大通りに面した一角、地下へ続く階段に行列が出来ていたのは午後6時前。「有近真澄グラムロックを歌う~いまどきのファントム」というライブが、その日11月17日の僕・・・

続きを読む>>

思い出写真と俳句と星野記念館

2021年11月27日

殻を打ち破れ237回   山口県周防大島の星野哲郎記念館が、面白い企画をやる。館内の写真パネルを大幅に入れ替えるのだが、その1枚ずつに追悼の俳句を一句ずつ添えることにした。詠み手は星野の後輩の作家勢で、長く「虎ノ門句会」で腕を競う面々。掲げられる写真は24枚で、ありし日の星野の姿が収めら・・・

続きを読む>>