酔々独歩~歌謡曲だよ人生は~

新歩道橋1128回

2022年6月26日

 見慣れない数字が並んだケイタイ番号だが、とりあえず受話器を取った。「もしもし…」と、相手は聞き覚えのありそうな声だが、誰かは判らない。それが神野美伽本人だったからうろたえた。前日の6月7日夜、中野サンプラザホールで、彼女のコンサートを見たばかりだ。 「まだボディブローが効いてるよ。パワ・・・

続きを読む>>

新歩道橋1127回

2022年6月12日

 《そうか、今度はその手で来たか、なかなかの生地で、こまやかな仕立て方…》 そんなことを思いながら、坂本冬美の「酔中花」を聴き直した。ひと晩あいだを置いて、もう3度めになるか。吉田旺の作詞、徳久広司の作曲、南郷達也の編曲と三拍子揃って、冬美の出番が整えられている。 〽後をひくよなくちづけ・・・

続きを読む>>

弦哲也の57年間を辿った

2022年5月28日

殻を打ち破れ243回  名手! と紹介された。尺八の素川欣也氏。吹き口に情熱そのものを注ぎ込むような演奏が、会場の空気を揺すり圧した。ひなびた味わいがドラマチックな起伏を示して、ふと『リンゴ追分』の1フレーズを聴いた心地もする。それが『与作』のイントロに収まって、弦哲也が歌に入る。何だか・・・

続きを読む>>

新歩道橋1126回

2022年5月28日

 その日の夕方、渋谷のライブハウスPLEASURE PLEASUREの関係者受付には長い行列が出来た。知人を見つけて手を挙げる女性、グウタッチする男性4人組、仕事の続きみたいに小声の会話の男女…。いろんな業界の匂いを漂わせる人々が「山崎ハコ・バースデイライブ復活! 〝飛びます〟」開演前の・・・

続きを読む>>