酔々独歩~歌謡曲だよ人生は~

新歩道橋1139回

2022年12月3日

 山形の天童市に出向く。例年の「天童はな駒歌謡祭」の審査で、歌どころ東北のノド自慢70余名を聞く。このところ体調不良をかこって出歩かないが、わがままを言ってはいられない。佐藤千夜子杯全国大会から引き続き10数年の審査委員長役。地元の高僧矢吹海慶師も待っている。その滋味と諧謔に触れる方が、・・・

続きを読む>>

中条議員は『カサブランカ浪漫』をどう捌けるのかな?

2022年12月3日

殻を打ち破れ249回  或る日突然、赤トンボの群れが現われる。まるで湧いて来た勢いで、マンション5階に住む僕の、眼の前まで舞い上がる。海辺の町への秋の知らせだ。10月2日、対岸の箱根や伊豆半島の稜線を染めて、陽が沈む。中央に影絵の富士山がクッキリ、上手の江の島燈台の光りが回りはじめ、下手・・・

続きを読む>>

新歩道橋1138回

2022年11月20日

 10月27日、中野サンプラザホールで日本クラウンの60周年記念コンサートがあった。知らせてくれた人は「ウスイ」と名乗った。きっと亡くなった作曲家三島大輔の息子だと思う。三島には星野哲郎作詞の隠れた名曲「帰れないんだよ」がある。当時彼は伝説のプロデューサー馬渕玄三氏に命じられて、新潟のキ・・・

続きを読む>>

新歩道橋1137回

2022年11月6日

 突然「司馬江漢〝東海道五十三次〟の真実」という書物(祥伝社刊)に出っくわした。對中如雲(たいなかじょうん)という人が筆者で、帯には「はたして広重はこの絵を見たのか?」「元絵論争に最終決着」というフレーズが躍る。美術関係には全く門外漢の僕にも、広重はあの浮世絵の歌川広重と判り、彼が東海道・・・

続きを読む>>